一番うれしかったメール

 

千葉市若葉区の学習塾、エース進学塾塾長の仲田です。

 

昨日は、公立高校前期入試の合格発表でした。

たくさんの保護者の皆様が、「合格しました!」とメールをくださいました。ありがとうございます。

 

その中で、ある生徒が送ってくれたメールが私のハートにクリーンヒットしました。読んでいて、涙が出てきました。

そのメールと、私の返信したメールを抜粋してご紹介します。

 

 


千葉県立◯◯高等学校に合格しました!!
これから、理科と社会の復習をして行きたいと思います。受験番号があった時嬉しかったです!
でも、落ちてしまった人の気持ちを考えると複雑な気持ちになります。どう接したらいいのか分かりません。でも、後期受ける人を応援したいと思います!
◯◯高校に受からなかったら馬鹿にされるという不安があり先生に相談しようとしたけれどタイミングが無く出来ませんでした。でも、無事受かって、ある意味ほっとしました。高校生になってもエース進学塾に通いたいと思っているのでこれからもよろしくお願いします。 

 


□□さん、こんばんは。エース進学塾の仲田です。夜遅くにすみません。
わざわざ報告のメールありがとう。

合格おめでとう!!□□さんのがんばりが合格につながり、私もとても嬉しいです。
今年の中3生の中で、一番がんばっていたのは□□さんです(断言できます)
がんばってきた結果が、高校の先生方にもわかってもらえて、本当によかったですね。

後期入試を受験するみんなのこと、ぜひ応援してあげてください。
□□さんのやさしい思いやりの気持ちが、きっと後期組のみんなの励みになります。

◯◯高校は、□□さんが自分が選んだ進路だから、胸を張って「一生懸命勉強してこの学校を選んだ」と言っていいですよ。
「余裕で合格したぜ」という人のことをうらやましく思う必要はありません。精一杯がんばった人のほうが、カッコイイです。

どこの高校に行ったか、ではなく、高校で何を学んだか、何を成し遂げたかが重要です。

高校生になっても塾に通いたいと言ってくれて、本当にうれしいです。思わずウルッときました。
ぜひ、高校生になっても、□□さんがどんどん成長していく姿を見せてください。

明日の授業で、明るい笑顔を見せてくださいね。
本当におめでとう。お母さんにも、よろしく伝えてください。

 


 

この子は、夏頃は、今回受験した高校を受けるつもりでいました。自分の学力を考えると、そこが妥当だろうと思っていたそうです。

しかし、自習をしている彼女に声をかけ、志望校について聞いてみると、
「私の頭じゃ無理だと思うけど、ホントは△△高校に行きたいんです」
と、本心を話してくれました。切なそうな表情でした。

その話を聞いて、こちらも切なくなってしまい、
「がんばりたいって思うなら応援するから、やってみよう」
と励ましました。

 

 

彼女は勉強は得意ではありませんでしたが、本当によくがんばります。

志望校について話してくれる以前から、頻繁に自習に来てくれていました。しかし志望校を上げることを決めてから、塾が休みの日曜と祝日以外、本当に毎日自習に来てくれました。

誰よりも早く自習室に来て、一人で黙々と勉強し、帰っていく・・・彼女の真剣さがひしひしと伝わってきます。

 

わからないことがあると、問題集にふせんをつけて「先生、質問があるんですけど・・・」と、デスクワークをしている私のところへやってきます。

最初はたくさんの質問がドドドン!と一度にきて、「うぐっ、重たい…」と思いました。でも、日に日に質問の数は減っていきます。彼女が着実に賢くなっている証拠です。

 

宿題で出した問題は、どんなに難しい問題でも必死に解いて、空欄がない状態で提出します。

解説を読んでもわからない問題はまた質問。解き方がわかったら、もう一度その問題にチャレンジ。『賢くなる勉強のサイクル』がしっかりとできています。

彼女は、「宿題、一生懸命解いたのになかなか点が取れないんです」と恥ずかしそうにしていましたが、解いた問題は経験値として彼女の中にしっかりと積み重なっていました。

 

ある日、「このクラスにはこの問題は難しかったかな・・・」と思う問題が数学の宿題に出ていました。

答えを配付して、丸つけをしているところを見ていると、彼女はその問題に◯がついています。

得点報告のときに
「この問題、難しいと思ったけど、よく解けたね!」
と声をかけたら、
「他の問題集でやった問題と似てたから、思い出してやってみたら合ってました」
と嬉しそうな顔で微笑んでいました。

 

 

彼女は超がつくくらいに数学が苦手でしたが(中2の頃には1ケタ台をたたき出したことも・・・^^;)、入試直前には、平均点まであと少しという点が取れるようになっていました。

私たちも、もちろん一生懸命に授業をしました。しかしこれだけ成績が伸びたのは、彼女のがんばりの成果です。

中2で入会してからの成績の伸びを見てみると、5教科の偏差値は8アップしていました。点数でいうと、だいたい70点くらいの成績アップです。

 

 

入試が近づき、何度も相談して、今回合格した高校に受験校を変更することになりました。

それでも彼女は手を緩めることなく、前期入試を迎えました。

結果はメールに書いてあるとおり、合格です。

合格の報告を受けたときは、思わずガッツポーズをとってしまいました。

 

 

勉強が苦手でも、全力を尽くす彼女は本当に立派です。尊敬しています。

『がんばる姿勢』を身につけた彼女が高校でたくさんのことを学んでいく成長の過程を、これからも見守っていきたいと強く思います。

そして、私も見習わないとな・・・と思わされます。こんなにがんばっている姿を見せられたら、忙しいとか、弱音は吐いていられないですね^^;

 

 

今年の中3生にはもう一人、めちゃくちゃがんばっている男の子がいます(勝手に『がんばり屋さんツートップ』と呼んでいます)

彼の話も、いずれご紹介します。

 

 

 

さぁ、後期入試を受験することになったみなさん、昨日はショックで勉強が手につかない人もいたかもしれないけれども、クヨクヨタイムはおしまいです。

後期入試まであと1週間!!やれることは全部やれ!を合言葉に、あと少し、一緒にがんばりましょう。

みんなが笑顔で卒業できるよう、私たちも精一杯頑張ります。

 

 

もっとエース進学塾のことを知りたいと思ってくださったかたは こちら をクリックしてください。エース進学塾のホームページへジャンプします。
エース進学塾および塾長の仲田へのお問い合わせは こちら