この時期に何をするべきか

 

千葉市若葉区の学習塾、エース進学塾塾長の仲田です。

 

 

インフルエンザが猛威を奮っていますが、みなさんはお元気ですか。

私は常にマスクマンです。

うがい、手洗い、マスクに保温!

加湿器もガンガンたいてウイルスに負けないように生活しましょう。

 

 

さて、公立高校前期入試が間近に迫ってきました。

あと16日。約2週間です。

多くの中学校では、同じタイミングで中1生・中2生の学年末テストが行われます

 

 

あと2週間のこのタイミングで何をするべきか

 

 

中1生、中2生は、テスト範囲が発表になる頃ですが、今からテスト勉強を始めるのは「遅すぎ!」って感じです。

この時期には、ある程度定期テストの範囲の予測をして、学校のワークが進んだ状態でいるべきです。

少なくともテスト1週間前までには、テスト範囲のワークを終わらせておきましょう

 

テストで良い点を取りたいなら、「解けなかった問題を解けるようにする」勉強が必須

テスト1週間前からテスト前日までは、ワークの解けなかった問題、まちがえた問題をもう一度解きなおします。

 

多くの中学生が、「テスト勉強はしているのに成績が上がらない」と嘆きますが、ひととおりワークを解いたくらいではテスト勉強っていいません

ワークを一回解いただけでは、できる問題とできない問題の仕分けがされただけですから。学校の先生から出された課題をやって満足しているようでは甘い!

解けなかった問題ができるようにならなければ、成績アップは望めませんよね。

 

 

 

入試を直前に控えた受験生も同じです。

解くだけ解いて、振り返りをしないのは時間も労力ももったいないです

 

エース進学塾に通う生徒たちにも、焦りからか過去問や問題集を食い散らかすように解く生徒がいますが、そういう生徒には

「解いたら必ず解きなおしをしよう」

とアドバイスをしています。

 

「解説を読んでわからない問題は、どんどん先生に質問しなさい」

とも話します。

せっかく塾に通っているのだから、塾の設備だけでなく、先生も活用してもらいたい

うちの塾の先生たちは、頼られるとテンション上がっちゃう面子ばかりです。ガツガツ質問しにきて!

 

 

中3生に配付している『合格スケジュール』では、前期入試1週間前までに過去問を各年度、前期後期ともに2回解くように指示しています。もちろん解きなおしも込みです。

そして最後の1週間は、とにかく弱点補強

最後の最後まで、自分に必要な勉強を効率的にしていくことが重要です。時間は有限ですから。

 

 

 

泣いても笑ってもあと2週間。

でも、2週間もあります。

志望校合格と定期テスト成績アップのために、やれることにはどんどん取り組んでいきましょう!

がんばるみんなを応援しています。

 

 

 

もっとエース進学塾のことを知りたいと思ってくださったかたは こちら をクリックしてください。エース進学塾のホームページへジャンプします。
エース進学塾および塾長の仲田へのお問い合わせは こちら