集中力を保つ

千葉市若葉区の学習塾、エース進学塾塾長の仲田です。

 

ある中3生に、
「塾が閉まってる日曜日は家でどのくらい勉強するの?」
と聞いたところ、

「うーん、7時間か8時間です」

という答えが返ってきました。

 

えらいっ!!

 

「でも途中で集中力が切れちゃうことがあって・・・」ということなので、今日のテーマは、

集中力を保って勉強する!です。

 

 

人間、一つのことを続けてしていると、どうしても集中力が落ちてきます
これはもうどうしようもない。

 

だから集中力を持続させるコツは

  1. 時間を区切って取り組む
  2. 複数の科目をローテーションさせる

主にこの二つです。

要は、家で勉強するときも、学校と同じように時間割を組んで勉強した方が効率的だということです。

 

 

まず時間を区切ること。

たとえば、1時間勉強したら10分休憩すると決めて勉強に取り組むと、メリハリがつきます。

また、午前中に3時間、昼食後に3時間、夕食後に2時間と勉強する時間帯を分けるのも効果的です。

 

集中して勉強したいとき、スマホやその他の誘惑は、もちろん机から離しておくと思います。

それに加えて、いっそのこと、掛け時計を外してしまうのもおすすめです。

ちょっと気分が乗らないときは、なぜかチラチラ時計を見てしまう。

だから時計を外して、キッチンタイマーをセットして、ベッドや棚の上にポン!
タイマーが鳴ったら休憩、というきまりにしておけば、進まない時計の針に悩まされなくなります。

 

キッチンタイマーは、お料理だけではなく、勉強にもお役立ちのグッズです。

テストと同じように、問題を解く制限時間を設定する
休憩時間もタイマーでセットしておけば、ダラダラしてしまうことを防げます。

百均でも買えるので、お子さん一人に一つ買い与えても、お財布にダメージはほとんどないですね^^

 

 

そして、複数の科目を組み合わせて勉強すること。

一つのことをずっと続けるのは、だんだん効率が落ちてきます。

 

だから、休日に8時間勉強するのなら、こんなモデルケースはいかがでしょう。

9:00〜10:00 数学
10:10〜11:10 国語
11:20〜12:20 英語
12:20〜14:00 昼食・休憩
14:00〜15:00 数学
15:10〜16:10 国語
16:20〜17:20 英語
17:20〜20:00 休憩・夕食・お風呂
20:00〜21:00 理科
21:10〜22:10 社会
22:30 就寝

国数英を2時間ずつ、理社を1時間ずつ勉強する時間割にしてみました。
8時間勉強するというと、ずっと机に向かってガリガリ勉強するイメージがありますが、これならゆっくり息抜きする時間も作れます。

 

 

今日は特定の科目を集中して勉強したいんだ!という場合も、間に他の科目をはさむと、効率ダウンが防げます。

例えば、今日は英語デー!という場合。

9:00〜10:00 英語
10:10〜11:10 数学
11:20〜12:20 英語
12:20〜14:00 昼食・休憩
14:00〜15:00 英語
15:10〜16:10 国語
16:20〜17:20 英語
17:20〜20:00 休憩・夕食・お風呂
20:00〜21:00 英語
21:10〜22:10 理科・社会
22:30 就寝

なんと英語が5時間勉強できます。
その分理科・社会を合わせて1時間に圧縮しているので、少しバランスが悪い^^;

 

 

本当は、受験生は10時間以上勉強してもバチは当たりませんけどね!

10時間勉強モデルはこちら↓

8:00〜9:00 数学
9:10〜10:10 国語
10:20〜11:20 英語
11:30〜12:30 数学
12:30〜14:00 昼食・休憩
14:00〜15:00 英語
15:10〜16:10 国語
16:20〜17:20 数学
17:30〜18:30 英語
18:30〜20:00 夕食・お風呂
20:00〜21:00 理科
21:10〜22:10 社会
22:30 就寝

だいぶミッチリ勉強している感じ。
これだけ勉強してくれたら、お母さんたちも安心して見ていられますね。

 

 

ずっと机にかじりついているのも、集中力が落ち、効率が悪くなる要因です

もしお子さんが朝からずっと休みもなく勉強していて、ちょっと心配になったら、キリの良さそうなところで
「一緒にお茶でもしない?」
と誘ってみてください。

成績をあげなきゃ!勉強しなきゃ!と切羽詰まっているところに、お母さんの優しい一声があると、ホッと救われる気持ちに、きっとなります。

 

 

エース進学塾では、自習室でも休憩時間が決まっています。
休憩時間が決まっていると、メリハリがついて、長時間の学習がしやすくなるからです。

塾は月曜〜土曜、週6日開いています。
自習中でも、手が空いている先生に質問はできますし、やっぱり家より集中しやすい!と生徒たちも言ってくれます。
私も手が空いたときは、適宜自習室を回って、生徒たちに声をかけるようにしています。

 

今日は塾がお休みの日の勉強についてお話しましたが、塾が開いている日は、どんどん自習しにきて(来させて?)ください

自習大歓迎!質問超大歓迎!のエース進学塾、仲田がお送りしました。

 

 

もっとエース進学塾のことを知りたいと思ってくださったかたは こちら をクリックしてください。エース進学塾のホームページへジャンプします。
エース進学塾および塾長の仲田へのお問い合わせは こちら