内申点の重要さ、知ってる? その4

千葉市若葉区の学習塾、エース進学塾塾長の仲田です。

3連休はたっぷり勉強できましたか?
学校がお休みになると「勉強もお休み~」となってしまうことも多いですが、学校がお休みのときこそ、おうちで自分なりの勉強がしっかりとできると、成績も上がりやすいですよ!

特に、定期テストが終わって周りのみんなの気が抜けている今が成績アップの下地作りのチャンス!
学校や塾の授業の復習や予習をコツコツしていきましょう。

 

4回にわたってお伝えしてきた内申点についてのお話は、ひとまず今回が最終回です。

通知票の評定以外では、どんなものが評価されるのでしょうか。

 

内申点は主に通知票の評定です。
これが悪ければ、部活や課外活動を一生懸命行っても、良い内申というのは望めません。

 

それなら、部活や学校行事を一生懸命がんばっても意味はないのかというと、

そんなことはもちろんありません。

 

ベースとして通知票の評定があって、
部活動の実績や検定試験などの資格などが、そこに上乗せされるイメージです。

 

だいたいの学校で評価されるものを紹介します。

① 3年間皆勤

中1~中3の3年間、『欠席・遅刻・早退なし』を貫き通すと、内申点にプラスされます。
千城台高校ではなんと内申点に+6でかい!
私立高校の併願推薦の基準でも、「3年間皆勤ならば内申に+1」という学校が結構あります。

② 英検・数検・漢検の3級以上を取得

各種検定の合格も、評価されます。
特に、漢字検定・数学検定・英語検定は、3級以上を取得していると内申点にプラスしてくれる学校が多いです(私立でも公立でも)
一部の高校(千葉商業高校や検見川高校、千葉明徳高校のHSクラスなど)では、準2級以上で評価する、となっている場合もありますが、ひとまずは中3の秋までに3級合格を目指しましょう
エース進学塾では、英検・数検・漢検だけでなく、理科検定やワープロ検定、日本語検定なども受検できます。

③ 生徒会本部役員

生徒会の本部役員に就任すると、評価されます。
ただ、生徒会の仕事でとても忙しくなるので、いろいろ抱え込んでパンクしてしまわないように気をつけましょう。
専門委員長や学級委員長は「評価される場合ももしかしたらあるかもね・・・」程度です。

④ 部活動で県大会上位

部活動では、県大会でベスト8以上の成績をおさめると、内申点にプラスされる学校が多くあります。
3年間部活をがんばったから内申点にプラスされるというのは、ほんのごく一部の学校のみです。
部長を務めると評価してくれる学校もありますが、生徒会本部役員と同じように、大変忙しくなります。

 

ほかにも評価されるものはありますが、学校によって異なります。
勉強以外の部分も評価されますが、どのくらいの点数に換算されるのかは、学校によってまちまちです。
勉強の時間を犠牲にするくらいなら、定期テストで良い点をとって、通知票を良くしてほしいなぁと思うのが本音です。

もちろん、いろいろなことに積極的に取り組んで、それが評価されるのが一番素晴らしい!
ただ、時間は有限ですから、一人が抱え込めるものにも限りがあります。

学生は勉強が本分であるということを意識して、勉強と部活が両立できるように生活のリズムを作りましょう
勉強をおろそかにする人には、勉強の神様は微笑んでくれません。

 

エース進学塾では、勉強法だけでなく、入試についてもご相談を承ります。

とくに進路の選択については、ご本人もおうちの方も頭を悩ませるところだと思いますので、どうぞお気軽にお話しください。

 

もっとエース進学塾のことを知りたいと思ってくださったかたは こちら をクリックしてください。
エース進学塾のホームページへジャンプします。
エース進学塾および塾長の仲田へのお問い合わせは こちら